×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式 服装

結婚式の服装といえば、当然に新郎新婦の服装、親族の服装、また受付や媒酌人の服装・父・母となりますが、今回の服装は二次会も含めたお呼ばれを受けた出席者の結婚式での服装を考えてみたいと考えます。
結婚式での服装といえば、男というか男性の場合、それほどこだわりは少ないのですが、主賓としての招待客の場合は、一般参列者とは一味違う装いが必用でしょう。男性の場合はモーニングコートですが、ネクタイ等は当事者よりは控えめなものにしましょう。女性なら和服なら色留袖ですし、洋服なら、イブニングドレスやロングドレスでしょうか。
また結婚披露宴の新郎新婦が略礼装の場合は、男性はブラックスーツ、女性は色無地、訪問着、付下げ、もしくは上品なスーツ、アンサンブル、ワンピースなどがマナーになるでしょう。

一般招待客の服装とマナー

一般招待客での男性の場合の服装は、ブラックスーツかダークスーツが控えめなマナーとしては有効でしょう、ワイシャツは礼装の縞かシルバー・グレーのネクタイであれば、スタンダードな白いシャツでも十分でしょう、また新郎新婦との友人関係で二次会を開催する場合も多くなったために、このような席は、結婚式での堅苦しい雰囲気ではなくラフな服装も持参することをお勧めします。
また女性の服装や髪型は男性と違ってなかなか大変ですが、和服の場合、既婚、未婚を問わず一つ紋の色無地、付け下げ、訪問着などいいでしょう、当然に既婚者は留め袖は遠慮してください、また既婚女性の場合、大振り袖や中振り袖が礼装として着用されることが多いのですが、花嫁より目立ってはいけませんね、洋装での服装の場合は、夜ならイブニングドレスやロングドレス、昼ならカクテルドレス、やアフタヌーン・ドレスが礼装になりますが、いすれにせよ控えめを心がけるのがマナーですね。

結婚 式 二次会 服装

結婚式二次会の服装を近頃は気にする人たちが増えてきた、結婚式や披露宴での堅苦から開放されてフォーマルになりたい気分も解りますし、とくに男性の場合は着替えとも簡単ですので何とかすぐに対応できますが、こと女性招待客はそうはいかないが、友人として招待されている以上、断る訳にはいかない、もちろんそのままでも構わないのですが、もし着替え等が面倒と考えるならば、洋装でドレッシーな服装を選んでもマナー違反ではないでしょう、ドレッシーな雰囲気の生地とそれに似合ったワンピースや、シルクのブラウスにスカートでも、セミフォーマルとして十分通用しますし、アクセサリーやベルトで演出効果を上げれば、フォーマル感覚は充分かもしれません。
しかし、いずれにせよ、服装や髪型は参列した女性ならびにゲストや親族の方で合っても、花嫁さんより目立った存在ではいけませんので、そこをしっかりと見極めた服装と髪型で自分の個性を演出してくださいね、これが、結婚式 服装の最低のマナーですね。

Copyright © 2007 結婚式 服装